85日間で受験生に仕立て上げていく

ipp
中3生の定期試験がほぼ終わった。ここから2月14日までの85日間をいかに濃密に過ごしていくか。それをコーディネートしていくのが私の役目だ。テキストの印刷、製本がひたすらに進んでいく。

冬期テキスト

まずは未修部分の単元を終わらせること。同時並行で、理科、社会は中1、中2範囲の総復習。英語、国語は長文読解の演習。数学も入試問題演習を単元ごとに・・・ やることは膨大だ。効率よく進めていかないと終わらない。

彼ら、彼女らは受験生としての姿勢もまだまだだ。たった85日間で、見違えるように受験生に仕立て上げていかないと行けない。魔法をかけるしかない(笑)

冬期講習のお知らせをHome Page → miyajuku.com に貼り付けました。小5,小6、中1、高1の募集です。受験学年は内部生の指導に専念するために募集しません。どこかの大手塾は中3も無料講習らしいですが、お金を払う内部生の気持ちはどんなものなのでしょうか・・・  やっぱりおかしいですひよこ