とってもうれしいニュース

とってもうれしいニュースです。

神奈川県私塾協同組合主催の読書作文コンクールにmiyajukuの生徒はほぼ全員が作品をエントリーしました。先日、選考委員会による審査があり、入選作が決まりました。入選したmiyajukuの生徒の名前は以下の通りです。

小学生の部 森 蘭奈 小6 / 羽田 彩夏 小6 / 大岩 さらら 小6 
中学生の部 新名 彩乃 中1 / 東脇 佳菜 中1 / 松嶋 桃子 中2 / 清水 連太朗 中2 / 綿引 萌友 中2

入選作品はすべて、今回の課題図書だった「魂の約束」の作者である醍醐千里先生のところに持参し、その中から最優秀賞を小学生は1作品、中学生は2作品、優秀賞を小学生は2作品、中学生は4作品選んでいただきました。

正直、miyajukuの生徒の作品が1つでも優秀賞に選ばれるといいな、ぐらいに私は思っていました。最優秀賞と優秀賞の受賞者は、6月23日に新横浜国際ホテルでおこなわれる表彰式に出席できます。その席には、作者の醍醐先生自らが来ていただき、副賞のサイン本と賞状を授与していただけます。

こどもたちにとってはこの上ない晴れの場になるはずです。

結果として、小学生の部の最優秀賞に「大岩 さらら」の作品が、優秀賞に「森 蘭奈」の作品が、中学生の部の最優秀賞に「東脇 佳菜」の作品が選ばれました。

うれしいです。何よりも、こどもたちが読んだ本の作者の方に認められた、ということがこどもたちにとってとても喜ばしい体験になるはずだからです。醍醐先生に感謝です。

6月23日は「全国学習塾組合連合会 第21回全国研修大会 神奈川大会」と「スバルの会」という、学習塾団体と私学の先生方、教育委員会の方、議員さんたちの集まる会の冒頭での表彰式となります。たくさんの大人の方々を前にしての表彰式です。緊張するでしょうが、ものすごく良い経験になるはずです。

この読書作文コンクール。来年も是非とも継続したいと組合の専務理事として考えています。

魂の約束 の作者である醍醐さんのFace bookページです。http://www.facebook.com/chisato.daigo

魂の約束