自習ではありません

今日はM中の試験対策です。

私は基本的に中学生の自習というのが好きではありません。高校入試直前になれば自習もできるでしょうし、高校生になれば自習ができなければ学力をつけることはムリです。しかし、この時期の中学生、ましてや中1生に自習はできません。

自習できるほど自らの「今」の学習内容や、学習すべきことが理解されていないのです。それがわかっているようならば塾に来る必要もそもそもないわけです。ですから、試験対策も、私がつくった流れの中、私の管理の下で学習をさせます。

決して自習ではありません。

今日も午前中は理科を中心に。午後は社会を。中3生は大量に範囲になっている「国語の2年生の復習」というところを徹底的に学習させていきます。あくまでも「させていく」というのがmiyajukuの試験対策です。

ただ、11月に向かって、中3生には少しずつ自習ができるように教育していきます。自習ができるために、何を自分は学習しているのか、何ができていないのか、そのために何をしなければいけないのか、そうしたことを自ら判断できるようになっていってもらいます。