県立高校の来春募集の定員

神奈川県の県立高校の来春募集の定員が県教委から発表になっています。

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p969852.html

これで志望校を決める材料がすべて出そろいました。何しろ定員がわからないことには、来春入試で難易度がアップするのか、ダウンするのか、その基本情報がないからです。詳細は上記のリンク先を見ていただければ良いのですが、昨年度と比べて定員の増減があった高校を上げておきます。

〈1クラス増〉
横浜国際:国際情報
松陽

上矢部
保土ケ谷
横浜南陵
麻生
生田東

七里ガ浜
大船
二宮
伊勢原
藤沢清流
金沢総合
大師
麻生総合
相模原総合

〈1クラス減〉
磯子
足柄
厚木清南
上鶴間
大和東
横浜桜陽

miyajujuの中3生に関わりがある高校としては、定員増の学校で「麻生高校」と「藤沢清流高校」があげられます。定員が増えれば基本的に入りやすくなるわけですから、この2校は狙い目の学校になるでしょう。どちらも県立高校の中でも一所懸命に生徒の指導にあたってくれている学校といえます。志望校の一つとしてとらえてみてよい生徒もいるはずです。

1クラス減では、周辺校で「大和東高校」と「上鶴間高校」がありますが、miyajukuからの進学者もほとんどないので、この2校についてはあえてコメントをしません。

特色検査を実施する学校を中心として、上位校については定員の増減がほとんどありませんでした。ということは難易度にどのように影響してくるのか、もう少し分析をしてからこのブログで書いてくつもりです。