来春高校入試では答案用紙を返却する?!

今日は「桜美林中学、高等学校」の説明会にうかがってきました。その報告を書くべきなのですが、昨日の夜に県教委から高校入試について大事なアナウンスがいくつかあったので、桜美林の記事は明日以降に書くことにします。

まず、来春の入試日程です。

2月15日(水) 学力検査、特色検査
2月16日(木)・17日(金) 面接、特色検査
1月28日(火) 合格発表

ただし、この日程も県教委のホームページに(予定)とあるように、6月末まで確定ではないようです。どうしてこんなにバタバタしているかというと、今春の入試でおこった「採点ミス」への対応があって、例年よりもいろいろと変えることが出てきているからです。まぁ、入試の日にちが前後に1日ずれても、受験には何ほどの影響もないですが。

影響が大きいと思われるのは以下の2点です。

* 解答用紙にマークシートの導入
* 答案を各自に返却する

これらについては、今朝の神奈川新聞が報道しました。県のホームページ等ではアナウンスされていませんので、確定なのかどうかは判断しきれません。ただ、かなりの覚悟で、今回のような採点ミスを二度とおこさない、という意思はあるようなので、実現しそうだと言うことです。とにかくもう少し様子を見たいと思います。

もしもこの2点が実現すると、入試を変える可能性があります。まず、マークシートが導入されるからといって、記述問題がなくなる、ということではありません。前にお話ししたように、選択問題の部分の解答のみをマークシートにする、ということです。とはいっても、解答用紙の変更により、記述問題の出題に制限ができて、などということもありえます。

それよりも影響が大きいのは、答案用紙の返却です。採点ミスをなくすことに努力はするが、もしまたあったとしても、答案用紙を早い段階で返却すれば、生徒自らが採点ミスを発見できる、という配慮なのでしょう。ただ、答案用紙を返却すると、記述問題の採点がどのようにされたかがはっきりわかります。

出題の段階から、かなりしっかりとした方針で記述問題を作っていかないと、あとでトラブルがおこる可能性が大きいわけです。また、記述問題は各高校ごとに採点の基準も違うはずです。上位校なら文字のミスは1つにつきマイナス1点でも、下位校は何カ所でもあわせてマイナス1点などといったぐあいです。それも統一するのかどうか。

いやいや、県教委の方たちは、夜も眠られない日が続くのではないでしょうか。

また、各高校の来春入試での選抜基準も出ているのですが、こちらも(案)となっています。いつもならば、周辺高校の基準についての分析をするのですが、6月末に確定するとのこと。その段階でまとめていきたいと思います。

しばらく情報収集にアンテナを張っておきます。とりあえず、21日に最終的な会議があるとのこと。いろんなことはそこで確定するようです。