今週末はお休みさせていただきます

暖かい1日です。何だかすっかり春の陽気です。

明日と明後日はお休みさせていただきます。この時期、毎年のことですが、1人で冬山に入っています。半径数キロ以内に人がいない、といった環境に自分を置くことが、私にとってはとても意味があることです。心と身体をリセットできます。

山も今年は雪が少ないそうです。少なければ、ラッセルといって深い雪をかきわけていく苦労はなくなりますが、下が凍っていて、斜面などでは滑落の危険が出できます。もちろん慎重に行動はしますが、自然の中での一瞬の判断を迫られることが、自分という人間を取り戻すひとつの方法でもあります。

もちろん、ピンと張りつめた冷たい空気の中での、雪山の風景の中に身をおくことも目的です。本当に綺麗です。自然と涙が出てきます。寒さはリックの中の水筒の水が完全に凍ろほどです。雪の結晶を見ることも出来ます。写真におさめることができたら撮ってきますね。

山道具

1年振りの冬山道具たちです。左の上がアイゼンといって、靴に履いて使います。爪が12本もついていて、氷の上や雪の斜面ををガシガシと歩けます。赤いのはスノーシューです。深い雪の上を歩くときに使います。ある程度の浮力をえながら雪上を歩けます。ツルハシのようなものはピッケルです。雪の斜面を歩くときに滑落防止に使ったり、吹雪の中で自己確保につかったりします。黒いのはストックです。

これらの道具を使うにはそれなりの技術が必要です。登山道が埋まってしまった山の中で方向を知るにはルートファインディングといって、地図を読み取る力も必要です。いろんな意味で、自分の中に眠っているいろんなものが雪山の中では目覚めます。

写真をご期待ください。