私立中学受験の途中経過

私立中学受験の挑戦が続いています。昨晩も合否の連絡の電話が続きました。普段の授業中は電話には出ませんが、この数日だけは授業を中断することを許してください。中には、その場で判断をして、翌朝の志願をしなければならない、といった緊急の連絡もあります。

今日の午後に最後の受験をするHちゃん。中学受験の場合は同一校を複数回受験できます。さらに、その複数回の受験の中で「最も良かった得点の合計」で合格を出してくれる「いいとこ取り」を採り入れている学校も多いのです。

例えば、昨日の試験で算数が45点、国語が70点だったとします。この国語の70点は今日の試験にもいきています。今日は算数さえ頑張って合格ラインをこえれば、昨日の国語とセットで合格、となるのです。1日の午前、午後、2日の午前、午後と4回の入試で疲れているでしょう。でも、最後のチャレンジです。頑張って欲しいです。

その他、あと2名が、4日、5日と挑戦していきます。とりあえずはおさえの学校には全員合格しているので、しっかりと結果は出せています。疲れもあるでしょう。不合格の通知にがっかりもするでしょう。あとひと息。頑張りましょう。お母さんや家族の皆さんも気持ちを継続させるのは大変でしょうが、ここはもうひと頑張りです。

昨日の夜の発表までの合格校です。

洗足学園中学・高等学校
青稜中学・高等学校
大妻多摩中学・高等学校
東海大付属相模中学・高等学校
自修館中等教育学校 2名(うち1名は特待合格)
横浜富士見ヶ丘中等教育学校 2名

みんなよく頑張りました。私立の大学受験も今週から来週にかけてがピークです。高校受験もいよいよあと2週間。集中して毎日を送りたいです。