中3生のみんなへ

多くの中学校で来週が2学期の期末試験です。中3生にとっては、実質的に中学校最後の定期試験になり、その結果で「私立高校の打診の基準」が決まり、公立高校の「内申点」が確定します。

そんな中、miyajukuの塾生には口を酸っぱくしていっているのですが、この時期に注意すべき点があります。期末試験の学習はもちろんですが、実は、もっと重要なことがひとつあるのです。

今回の試験は、終わりしだい、学校の評定がすぐにでることになっています。仮成績と呼ばれていますが、この評定の結果が私立、公立の高校進学の資料となります。当然、中学校の先生方は、定期試験の得点が確定しだいに評価ができるように、この時期にいろんな資料を整理しているはずです。

最近の成績は、定期試験の結果だけではなく、ふだんの授業での提出物やノートや学習への取り組みなどといった様々な観点でつけられます。もちろん、技能4教科については、制作物やらレポートやらはかなり重要な要素になるはずです。

つまり、ここから3週間ぐらいは、いつも以上に注意して提出物などを忘れずに、丁寧に出すことを心がけねばなりません。出し忘れ、などということは絶対にあってはならないことです。提出物をひとつださなかった所為で、評定が1段階下がった、なんてことは今までもたくさん見てきています。

実は、期末試験の1点にあくせくするより、こうしたことの方がずっと重要といえなくもないのです。とにかく、ここから2週間〜3週間で成績がつく、ということをつねに頭において、いつも以上にしっかりと学校での学習をおくること、それがとても大切なんですよ(^^)/