私立高校の打診の基準

私立高校の受験の仕組みについては何回か書いています。

https://plaza.rakuten.co.jp/miyajuku/diary/201509040000/

簡単に言うと、私立高校の受験は「学校成績だけで合否が決まる」ということです。そして、その合否の基準は事前に各私立高校から出されていて、その基準をクリアしていれば「ほぼ当日の入試の得点にかかわらず」合格が決まります。逆に、基準に達していない場合は、「受験の機会がない」ともいえます。

問題は、その基準の「数字」が公表されていないということです。

東京都の私立高校については、すべての学校が「募集要項」にその数値が載せられています。写真はとある都内の私立高校の募集要項です。

しかし、神奈川県の私立高校は基本的に「部外秘」になっています。県内の私立高校については、ホームページ等を見ても上の写真のような情報は得られないのです。ですから、受験生にとってみれば、どこの私立高校に行けるのか、自分の成績と基準を照らし合わせる手段がないのが現実です。

miyajukuでは、県内の私立高校のすべての「基準」をまとめたものをホームページにアップしています。もちろん、パスワードをかけていますので、塾内の保護者の方だけが閲覧できるようになっています。

このブログをお読みの方で、基準値をお知りになりたい方は、通われている塾に問い合わせてみてください。