定期試験対策の国語

今日はM中の中間試験対策です。

試験対策は国語を中心に。

学校の定期試験対策の国語は、社会などと同じで「暗記教科」ととらえることが大切です。

どうしてって、出題される範囲が決まっているのです。前もってわかっている文章が出るのですから、その「読み取り」をしっかりと「暗記」してしまえば良いのです。社会などと同じように、ドリルの反復がもっとも効果的な学習法です。

つまり、定期試験対策の国語の学習は、一般的な国語の学習とはまったく違ったものだということです。

昨日は雨模様でしたが、西の方から回復するという天気予報を信じて東名を西に走りました。金時山〜明神が岳という縦走をしてきました。

雲の動きを眺めながら気持ちよく山歩きができました。

ここ に写真があります。