高校入試の面接

今日は面接対策です。それぞれの受験校ごとに合わせた面接練習をします。神奈川県の高校入試に面接試験が採り入れられて4年が経ちます。過去にどんな質問がされたかのデータもあります。かなりつっこんだ面接練習ができます。

そもそも高校入試の面接試験は、前もって各高校から「観点」が発表されています。この「観点」にそって面接が行われるので、一般的な面接とはちょっと違うものになっています。極端な話し、観点に「面接の態度」がチェックされていない場合、ポケットに手を突っ込んで面接を受けても減点はされない、ということです。

共通の観点は以下の三つです。

(1)中学校での教科等に対する学習意欲
(2)中学3年間での教科等以外の活動に対する意欲
(3)入学希望の理由

例えば、(3)の入学希望の理由については、「入学をする動機や目的がはっきりしていて具体性を持っている」ことが評価されます。その点にそって自分の考えをまとめておく必要があります。

過去の記事も参考にして下さい。

http://plaza.rakuten.co.jp/miyajuku/diary/201601220000/

http://plaza.rakuten.co.jp/miyajuku/diary/201601230000/

また、各高校ごとの観点については、県教委の http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/830678.pdf にあります。

最後に、過去の記事にも書きましたが、生徒はあくまでも「未来志向」の面接だということをしっかりと頭においておきましょう。「これからの自分」をしっかりと語ることができること、それが最も重要です。