面接対策

今日は、朝から面接対策です。

明日、面接がある生徒だけでなく、今日の面接の生徒で「最後のチェック」をのぞむ生徒も、高校に向かう前に塾に寄って練習をしています。

神奈川県の公立高校の面接は、前もって各高校から出されている「観点」にそっておこなわれます。また、点数も開示されるので、かなり透明性の高いものになっています。

また、評価のポイントは「未来」であって、「過去」でないことも共通です。高校に入学後、学習をどう頑張りたいか、部活動や生徒会活動にどう意欲的に取り組もうとしているか、将来のことをどう考えられているか、などという点が評価される、ということです。

みんな、中学校で指導されているので、入退出の所作や言葉遣いなどは指導しなくても大丈夫です。しかし、そうしたことに気をつかうあまり、肝心の内容が乏しくなってしまう、という共通点があります。それを修正するのがわたしの役目です。

たとえば、貴校が、と使い慣れない言葉を使うことで言いたいことがいえないのなら、この学校で、と言ってしまうことです。また、良いことを言おうとするあまり、言葉に実感がともなわないより、具体的なエピソードをきちんと話した方が良いのです。

いずれにしても、明日ですべてが終了です。

わたしもひと息つきたいところです・・・・ 

が、学年末試験対策が続きます(^_^;)