来春私立高校の「打診」の基準について

私立高校の入試については何度も書いてきていますので簡単にまとめます。

1 私立高校の入試は、12月の半ばに所属の中学校と受験予定の私立高校との間で事前相談がおこなわれる。

2 事前相談の基準は前もって私立高校側から所属の中学側に伝えられていて、基本的にその基準を満たしている生徒のみを相談にもっていく。

3 事前相談でOKをもらった生徒は基本的に合格が確約される。これは書類選考入試だけでなく2月10日に試験が実施される場合も同じ。

事前相談の基準は私立高校によって違います。また、神奈川県内の私立校公については基本的に公開されていません。最近は、学校説明会などで口頭で伝えてくれるところも多いようです。東京都内の私立高校についてはホームページ等で公開されています。

多くの生徒が、公立高校第一志望で私立高校が第二志望になるはずです。この場合は「併願確約」という基準を参照して下さい。何度もいいますが、この基準を下回っていると事前の相談にのせてもらえません。ということはその私立高校を受験できないということになります。また、12月の半ばの段階で事前相談にのると、その後の変更も出来ません。

各私立高校の「打診」の今年の基準は、9月以降に少しずつわかってきます。

今までは塾のホームページに鍵をつけてまとめてきたのですが、ネット上のあちこちで基準の数字をひろえるようになっています。今年は、miyajukuのTwitter @miyajuku でつぶやいていくことにしました。塾のホームページを開いていただければ、PCなら右下の方に、スマホなら下にスクロールすれば出てきます。

随時、アップしていきますので、そちらをご覧ください。