宿題の赤入れ

生徒の宿題は時間がある限りわたしがチェックしするようにしている。子どもたちに任せると「ぞんざい」な赤入れになるのが目に見えているからだ。

昨晩の中1の英語のワークの赤入れ。複数形を学んでいて、問い1は「つぎの語を複数形にしなさい」という問題だ。

にもかかわらず・・・

I have four pen.

やら

How many book do you have?

なんて解答ばかり<(_ _)>

塾での指導ってほんとうに地道にこうした部分の修正を子どもたちに働き続けることだ。魔法のように「やる気スイッチオン」なんてことはゼッタイにない。ひとつひとつ。這うように進んでいくだけだ。

赤入れしていると名前を見なくても「また△△だな」とか「○○だな」とわかってくる。それだけ同じような間違いを繰り返しているということだ。

来週でこの間違いはなくさせよう。