東京オリンピックを目指している藤村選手の話題

今回は個人的な記事です。

ここのところ週に1回は午前中に海に出ています。12月になってもまだまだ海水温は高いです。海で何をしているかというと「ディンギー」という乗り物に乗っています。「ディンギー」といっても「あっ、あれのことね」とわかる方はほとんどいないと思います。 ↓ な乗り物です。

操艇しているのはわたしです。場所は逗子海岸。20代の頃に「ディンギー」に乗っていたのですが、この夏から30年振りに再開しました。この動画でわたしを指導していただいているのが「藤村裕二 https://readyfor.jp/users/384660」さんです。

藤村さんは、Finn級という「ディンギー」のクラスで東京オリンピックを目指しています。他のクラスはすべて候補が決まっていて、このFinn級だけはまだ代表選考がコロナ禍のためにおこなわれていません。来春の3月に実施予定とのことです。

藤村さんは企業などに所属せず、クラウドファンディングなどで活動資金を得て東京オリンピックを目指しています。わたしはそんなすごい方に指導をしていただいています。これも何かの縁ということで、藤村さんのことを皆さんに知っていただきたくこの記事を書いています。

コロナ禍の中、東京オリンピックについては不確定な要素がたくさんあります。でも、そんな中、開催を信じて出場を目指して活動を続けている方を偶然にも知りました。こうした状況の中、誰もが非日常の中でもがいています。他人を気遣う余裕もない方も多いでしょう。でも、だからこそ、こうした方の「夢」にいっしょに乗ってみるのも良いのではないでしょうか。

藤村さんは、来春の東京オリンピック予選のためにスペインでの練習をしようとクラウドファンディングをはじめています。

Never giveup challenge!! → https://readyfor.jp/projects/50604?fbclid=IwAR3Iw3oSV8JiOUk3sqbT8CT86ntUG_yrkmZIpylxOn23qk235_XJm92pA-Q

また、グッズを買って応援するプロジェクトもあります。

https://www.get-support.jp/yuji_fujimura/

わたしは ↓ のTシャツを購入しました。デザインもかっこいいし、生地もしっかりしているのでお薦めですよ。

支援するしないにかかわらず、コロナ禍の中で東京オリンピックを目指して活動をしている若者がいること。そんなことを知っていただけたらうれしいです。藤村さんのことを知ってから、わたしも東京オリンピックのことを軽々に語ることをやめました。わたしたちの知らないところで様々に東京オリンピックに思いを持っている方はたくさんいるはずです。そんな人たちを想像するチカラはなくしたくありません。

わたしの塾の受験生たちも、ある意味では「ちゃんと大学入試共通テストがあるのかな」「中学入試や高校入試はおこなわれるのかな」といった不安をかかえながらもとにかく前に進もうとしています。わたしもそうした子どもたちをできるだけ後押しする仕事をしています。だれもが、このコロナ禍の中で必死にもがき、前に進もうとしているはずです。

藤村さん。応援しています(^^)/ 来夏、あなたが江ノ島沖をディンギーで走っている姿を見たいです。