進路変更

授業の後、高1のA.Y.さんが学校へ提出する進路選択希望用紙を持ってやってきた。彼女は、K沢大付属高校に通っている。普通に学校の勉強をやっておけばそのまま併設の大学へ進学できる。そんな彼女が「私、他大への進学を目指そうと思うんです。」と言ってきた。

もちろん、中学の時から当教室に通っているので、きちんと話し合った末、私立の付属高校という希望にそって選んだ進学先だ。

「どうしたの?」のたずねると、「看護系の学校に進学したいんです。」とのこと。「そうか。でも、そうだとすると道は厳しいぞ。覚悟は出来てるのか?」との問いかけにも、親ともしっかりと相談したし、今やっている部活動もあくまで勉強優先に切り替えるとはっきりと言った。

彼女なりにずっと考えていたのだろう。実は、彼女のお姉さんは高3で、うちの塾で一生懸命に薬学部への受験を目指して頑張っている。そうした姿も影響があったのだろう。

目標を持ち、そのために頑張ろうという姿は良いものだ。精一杯、後押しをしていきたい。