指定校推薦

数日前、中3まで当教室に在塾していたS君に偶然会った。

「どうしたの、予備校?」「いえ、教習所のバスを待っているんです。」「えっ、受験は?」「もう、指定校で決まりました。」「そう、良かったね。どこに決まったの。」「Z大の法学部です。」「えっ、君は理系の勉強をしっかりやりたいってA高校に進学したんじゃない。」「いやぁ、大学で遊びたくなっちゃって。えへへ・・・」

こんな会話が交わされました。彼はA高校にトップで合格し、入学生代表の挨拶までした生徒です。A高校は県立の中堅校ですが、トップの生徒は早慶にも進学しています。それが、遊びたいからと文転して、しかもZ大ですか・・・

入試が存在しない、つまり、定員に満たない大学はたくさんあります。したがって、大学入試をどこで手を打つかはそれぞれの受験生の気持ちしだいです。

何も偏差値の高い学校に行くことだけを「良し」としているのではありません。自分の「夢」や「希望」を実現する「努力」の大切さを言いたいのです。

安易な気持ちで指定校推薦をとって大学へ行くのは、自分自身を安売りするようなものです。