アイデンティティ

親がアイデンティティを持っていることは、子供に対してもとても重要だと思う。どんなことでも良いと思う。

たとえば、ゴミの分別をしっかりとしている母親を見て、子供は絶対に何かを感じるはずだ。

アイデンティティとは自分自身への認識だ。

価値観と言い換えてもいいかもしれない。

「私はゴミの分別をしっかりとする」という事実は、おおきく「地球環境に関心を持っている」と主張していることにつながる。子供はそうした波長を敏感につかまえる。

そんなちょっとしたアイデンティティが、子供の成長を支えているのではないか。