ワーキングプア

ワーキングプアという言葉を聞いたことがありますか? 働いても働いてもわずかな収入しか得られない人たちのことをさします。多くは「派遣労働」の人たちで、毎日一生懸命はたいても、年収で200数十万円しか得られない人たちだそうです。このワーキングプアの人たちが増えているというのです。日雇いで1日働いて8,000円の収入を得たとします。1か月働いて20万円。年収で240万円。こんなイメージの収入の人たちなのでしょう。

引っ越し、レジの袋詰め、無作為の営業電話、駅でのティッシュ配り・・・・ こんな仕事はみんな日雇いのアルバイトに任せられます。確かにそんな仕事が世間一般にも多いような気がします。

「やりたい仕事がみつからない」そんな言葉を「かっこよく」しゃべる若者たち。でも、現実には「やりたい仕事」を見つけられる者は少数だし、そうした仕事に就ける者はさらに少数です。「やりたい仕事」を探しているうちに年齢を重ね、ワーキングプアとなっていく者が多いのだそうです。

難しい問題だなぁ。