履修不足問題 4

生徒の入退出システムを新しいものにするのだが、そのプログラムの検証に時間がかかって帰宅が遅くなってしまった。

息子だけが起きていたが、いよいよ志願(公募推薦)をするらしく、書類のチェックをしていた。必要なものを書き出し、ひとつずつチェックをしている。そんなチェックの中、受験票の返信封筒に貼る切手の額が、封筒に印刷してある額と説明書に書いてある額で違うと困っていた。明日、大学に問い合わせろと指示した。たぶん、印刷のミスだろう。

うん、そこまでチェックが出来ているのならば大丈夫だ。頑張れ。

さて、パソコンを開いて見ると、「・・・茨城県の履修漏れのあった県立高校の校長が自殺・・・」というニュースが入っていた。

ついに、この問題で自殺者が出てしまいました。もしも、今回の問題で推薦を取り消された生徒などが出始めると、同じような事が起こりかねません。とにかく早急な対策を行政には求めたいです。

ただし、履修していなかった科目を「評定5」などと虚偽報告した内申書をもとに合格をもらった生徒をどうするのでしょうか。大学側の対応も難しいですね。