漢字を覚えること

漢字をしっかりと読み書きできない中学生が増えてきていると思う。

漢字の多くは形声文字です。類型を表す記号(意符)と発音を表す記号(音符)を組み合わせてできた漢字が形声文字です。

例えば江(コウ)、河(カ)のように、左半分の「さんずい」によって、水に関することであることが類推でき、右側の「工」や「可」でその字が表す語の音を推測できるものです。

漢字をそうした知識で分類して整理できれば、覚えやすく、忘れづらくなるはずです。

と同時に、覚え込ませる作業を小学校がやらなくなっているのがいけません。その子なりの達成度があれば良いことも確かですが、ある程度の目標を定めてしっかりと覚えさせていく作業も絶対に必要です。

漢字が書けない生徒の多くが、英単語を覚えるのに苦労するのも事実です。