学歴社会=悪 ?

「学歴社会=悪」というイメージがつきまといますが、ちょっと違うと思います。「学歴=頑張った証し」ととらえてみたらどうでしょうか。受験勉強をする目的は個々に違います。でも、受験勉強がつらいことは確かです。さまざまな欲求を抑え込み、自分に克った者だけが乗り越えられるものなのです。そうして勝ち取った「学歴」は、それこそ「頑張った証し」なのだと思います。

もちろん、大学に進んでから何を学んだか、はとても大切です。最近の大学の改革は進んでいて、多くの大学では4年間を漫然と過ごすことはできないようになっています。そして、上位の大学ほどそうした改革が進んでいることも確かです。学生の意識も高いのも当然でしょう。

社会が二極化している、といいます。学力も二極化が進んでいると言われています。どこにその分岐点があるのでしょうか。子供とかかわる仕事をしている私から見ると、その分岐点は意外と早い段階でやってきているように思います。細かな時期は個々に違いますが、集中力や自分に克つ力などを、中学生になってからつけるのはなかなか難しいと感じます。

一生懸命に何かに取り組まなくなってしまった今の時代、勉強に対して一生懸命に取り組んだ結果が「学歴」なのです。