夏の学習方針

またまた、お土産をもらいました。みんな、ありがとうなぁ。最後まで残っていたM中の中間試験が終わりました。二期制になって次回の試験は夏休み明けとなります。この夏休みの学習を昨年までとは根本的に変えなければなりません。基本的な方針としては、夏休み前半に予習と応用力の養成に時間をかけ、後半は期末試験に向けての学習をすることになります。やり残していた事や、弱い分野の復習が必要な生徒は、7月中に手をつけておくことが大事です。講習用のカリキュラム作りやテキストの作成など忙しくなります。