これから

ここから入試までの数週間。何を忘れずにやっていくべきだろうか。陳腐な言葉になるが、「初心忘るべからず」という言葉に集約されると思う。何か新しいことをはじめるのではない。ここまで一所懸命に積み重ねたものの上に、もうちょっとだけ上乗せをするだけだ。それで良いと思う。

えっ、オレは(ワタシは)、今までの上積みがダメなんだよ、どうしたらいいのさ。という者もいる。それでも、同じことだ。一気に、一足飛びに実力をアップさせる手段なんてもともとないんだ。ここから数週間。濃度を濃くした毎日を送り、ひたすらに積み上げていくことが出来るだけだ。試験の直前までやれるだけのことをやるしかない。

一番注意が必要なのは、膨大な残された学習量に圧倒され、「もうやったってムダじゃん」と撤退してしまうことだ。気持ちが後ろを向いてしまうともうダメだ。ゴールまでの道のりが遠くても、道半ばで受験日がやってこようとも、良い意味で「しょうがない。それでも挑戦する」という気持ちでいこう。

1日は24時間しかない。センター試験までは5週間とちょっと。2/1までは7週間。あせってもしょうがないが、全身の神経を研ぎ澄まし、一問の問題を解くにも集中して積み上げていこう。ピーンと張り詰めた毎日を送っていこう。