紙と格闘した1日

あっという間にこんな時間になっている。

日曜日におこなうT中の試験対策用の教材を作り、写真の中学受験用ファイナル問題集を作り、と紙と格闘した1日だった。今使っているコピー機には「製本機能」がついているので、打ち出したA4の用紙をオートシードフィーダーに乗っけて「週刊誌」という製本ボタンを押すと、必要部数分の本が出来上がる。とっても便利な機能だウィンク プリントを束ねてホチキス止めすると、すぐに忘れてくる者が出るのだが、製本すると忘れ物が激減する。おもしろいものだ。

とにかく1日にB4用紙が500枚はなくなる毎日だ。コピー機のパフォーマンスチャージ料金が、この時期から先は数万円単位で毎月請求が来る。まぁ、学習塾にとっては、紙プリントは商売道具だからしょうがないだろう。

あいかわらず12月と1月の授業計画が頭の中をぐるぐるまわっている。なかなか形にならない。T中の試験対策授業が終わらないと落ち着かないからもうしばらくかかるだろう。

写真の問題集は来週から使います。もう一度、しっかりと「基本」に戻ってやっていくための問題集です。本番が近づくほどに基本に戻る。これが勉強の鉄則です。丁寧に基本問題をやること。心を落ち着かせてやること。それが合格への道です。