「2009年度高校入試分析」という父母対象の説明会

今日の午前中はある模試会社の「県内公立高校入試最終分析」というセミナーに出かけてきました。とても有意義なセミナーでした。わたし自身、見落としている部分がいくつかありました。同じように、この秋からの私学の先生方との懇親会や説明会、他の模試会社の情勢分析、他塾の先生方との情報交換等で、気づいたことがたくさんあります。

大和高校が1クラス定員減によってどのような志願者動向になるのか、相模大野高校の一貫校移行による志願者の増減は、また一貫の倍率や難易度は、座間総合高校の難易度予測、大和南高校は定員増によって易しくなるのか、秋の段階で志願者を多く集めている学校は、新設のクリエイティブスクールはどんな学校になるのか、横浜市立のサイエンスフロンティアスクールって、来年度以降の入試制度が変更される可能性は・・・

ここでこうした県立高校の情勢分析を書いても良いのですが、情報は学習塾にとっては「命」に等しいもの。大切な部分についてはmiyajukuの生徒、父母の方のみに提示すべきものです。

ということで、12月14日の日曜日に「2009年度高校入試分析」という父母対象の説明会を行いたいと思います。時間等についてはメールで告知しますのでご確認ください。中3生の御父母は個別面談時にお話しできるので、中2,中1生、小学生の御父母対象の説明会になります。

是非とも参加していただきたく思います。

よろしくお願いいたします。