雨の土曜日

塾にとっては土曜日、日曜日というのが一週間の中で一番忙しい。今日も朝から中3→小6→高3と受験学年の授業が続く。

ここまできても大切なことは、一問の問題に対する集中力だ。先ほどまでの英語の授業でのT男との会話(^^)

「お前さぁ、どう考えてもその答案はテレビを見ながらやったとしか思えないね。」
「いえ、テレビなんか見ながらやっていません。」
「絶対、テレビのお笑い番組を見ながらやってたね。」
「そんなことはありません!!!」
「だから、テレビを見ながらやったぐらいの集中力しかなかった、と言ってるの。」
「・・・・・・(泣)」

入試の問題にはすべて出題の意図がある。だから、問題を解くときにその意図をひとつずつ考えながら解くぐらいの集中力が欲しい、そういつも言っている。簡単な選択問題でも、「あっ、三人称単数のSを聞いてるな。こっちは複数形で過去形を理解しているか試してるな。」と、考えながら問題を解いていって欲しい。

同時に、「出来なかった帳」をしっかりと作り、ここから一ヶ月、こつこつと積み上げていこう。まだまだ時間はたくさんある(^^)