どきどきする中学受験

今朝も小6の受験生が朝から学習しています大笑いもう何か新しいことを学習する、というのでは当然なく、明後日の本番に向けての最終調整。とにかく不安を出来るかぎり取り除いてあげるのが今の私の仕事です。

中学受験というのはこちらもドキドキします。

多くの学校が複数回受験の場合、最も良い得点の合計で合否を判定してくれるシステムを取り入れています。どうしても△△中学に行きたければ、すべての試験機会を受験したくなります。でも、これがけっこう過酷(>_<) 今、一生懸命に勉強している○○の場合、2月1日の午前の試験を受け、その発表が午後2時にあり、もしもダメならば、そのまま午後の試験を受験することになります。いやぁ、よっぽど強い心がないと出来ないなぁ。でも、お母さんがそばで支えてあげることができるのも中学受験の強みです。中学受験は本当に親子の二人三脚です。心と心のつながりが、お母さんと子供さんの心のつながりが大切です。 とにかく今日と明日。やれるかぎりのことをやるだけです。そろそろ最後の学校の試験を終えた高3生たちがやってくる時間かな。彼ら、彼女らも明後日からが本番だ。いよいよだなぁ(^^)