1月31日

今日も朝から塾を開ける。

昨日問い合わせにいらした中1のお母さんが、子供さんの定期試験の答案用紙を持って来塾された。一所懸命なお母さんの姿は、きっと子供さんに伝わるはずです。私も精一杯、娘さんの学力アップの後押しをするつもりです。親の子を思う必死な姿こそが、子供の“やる気”を引き出す最大の原動力だと私は思っています。いっしょに頑張りましょう。

明日に試験をひかえる○○のお母さんからはこんなメールが届いた。

・・・いよいよ入試まであと一日となり私の方がかなり緊張しています。家にいても仕事に出ても落ち着かず。○○には悟られないようにと思っているのですが、いつもよりもテンションも高く明らかに誰が見ても変な様子だと思います。・・・あっという間でした。しかしながら12年間子育てをしてきた中で一番○○の成長を感じた一年でもありました。集中して机に向かう後姿、こんなにも頑張れる子だったのかと気づくことが出来ました。子供のやる気を開花させてくれ未熟な親にそのことを教えてくださった先生には大変感謝しております。ありがとうございます。○○を無事に試験会場に送り届ける、そんなことしか出来ませんが周りの緊張感に飲まれることなく何時も通りに2/1を迎えたいと思います。・・・

ちょっと目頭が熱くなった。お母さんたちは必死なんだ。今、この時、全国の受験生を持つお母さんたちが必死に耐え、祈っているのだと思う。それこそ自分が子供の代わりに試験を受けることができたら、そんな思いで時間を過ごしているのだろう。

大丈夫です。子供は親が思っているよりもずっと成長しています。思っている以上に強くなっています。信じてあげましょう。心の底から信じてあげましょう。

みんなが受かりますように。