理科実験教室と試験対策

今日は「理科実験教室」の日。

テーマは、

1 力学 紙はつよいの? 弱いの?
2 力学と構造 紙で作った台に乗ってみよう
3 BTB溶液って何?

の3つです。

中3生も理科と社会の補習に来ています。△△は湘○高校の独自入試問題に挑戦中。かなり手こずっています。この入試問題を解けるようになるためには、かなり早い段階から先を見通した学習が必要でしょう。△△も共通問題ならば軽く満点に近い得点が取れるのに、独自問題だといきなり半分になってしまいます。ここからどれだけ合格ラインにせまれるか、やれるだけのことをやって1月末に判断すれば良いことです。

それにしても、難易度の高い問題に挑戦してでも合格したい、という姿勢を持つ生徒が集まるわけです。厚○高校や川○高校などのトップ校と湘○高校などの独自入試校の間には「大きな段差」ができるはずです。ましてや、その他の県立高校と独自校の間には「埋めようのない差」があります。私立や公立の中・高一貫校がもてはやされますが、小学生の時から、こうした独自入試校に目標を定めた学習を進めていくことも、進路選択としてはお薦めだと思うのですが!!