学校の先生の立ち位置

今日は、問い合わせのお電話を4件いただき、うち2件の方と面談が出来た。お母様方とお話ししていて思うことがある。

「もう少し、学校の先生が引っ張ってくれると良いのですが。」

お母様方の正直な感想だろう。でも、「ゆとり教育」がスタートしたとき、先生は、教える立場ではなくなった。生徒を引っ張っていく立場ではなくなった。

今の学校の先生は、生徒を支える立場にある。

こうした変化をしっかりと知っておいた方がよい。教え、諭す立場から、励まし、支える立場へと先生の立ち位置がはっきりと変わっている。この変化は、じわじわと子供達の教育に大きな影響を与えはじめている。

親の世代は「逆」だった。学校の先生方は、ひたすらに子供達を引っ張り上げていた。それが先生の役割だった。だから、親は今も同じだと思ってしまう。

「教える」と「支える」は、まったく違うものだ。