大学への費用

今日も明日からの春期講習の準備を進めていく。とにかくひとりでやっている塾なので、一人○役の仕事をこなしていかねばならない。

午前中に娘の進学する大学の前期分授業料を振り込んできた。932,800円。すでに入学金の300,000円は支払い済み。大学受験にどのぐらいのお金がかかったか、これも一つの情報なので書いてみます。

センター試験受験料  18,000円
センター利用試験受験料  17,000円×3校=51,000円
私立大学一般試験受験料  35,000円×4校=140,000円
国立大2次試験受験料 17,000円
入学金 300,000円
前期分授業料 932,800円

小計 1,458,800円

後期分の授業料や教科書代、実習費などはこれから払わねばなりません。あと700,000円というところでしょうか。これ以外に予備校(塾)代がかかります。娘はmiyajukuで勉強したのでそれほどかかっていませんが、一般的に秋から受験までにかかる費用は20万円から30万円程度だと思います。

いゃあ、かかるものですびっくり

正直、子供を一人私立大学に進学させるには、自宅通学だとしても受験時に300万円ほどの現金を準備しておかないと厳しいのが実際でしょう。2人なら少なくとも500万円ほどは準備しておきたいもの。

我が家は兄が国立大なので、何とか娘を理系の私大に進学させることが出来ます。娘も「お兄ちゃんが国立じゃなかったら、私は絶対に浪人だね」と言っています。

とにかく日本の大学は授業料が高すぎます。もっと税金を大学の補助に投入しても良いのではないでしょうか。何年後かに大学生になる子供をお持ちのmiyajukuのお母様方、そう思いませんか?