WBCは高校野球

野球のWBCでプレーする選手たちを見ていて、高校野球みたいだなぁ、と感じませんでしたか? 必死になってボールを追いかけて、自己犠牲を躊躇なく受け入れて、チームのために頑張って。高校球児の姿そのものではなかったでしょうか。みんな何億円も給料をもらっている大人たちでしょ。その人たちが純真に野球をする姿は、本当にキラキラとしていました。だからこそ日本中が湧いたのですよね。

好きなことを仕事に結びつけ、それだけでもすばらしいことなのに、さらに自分を磨いていこうとする姿。厳しい状況を楽しむ姿は、それだけの練習量というか、培われたものが裏付けになっているのでしょう。同時に、持って生まれた「運」というものもあるのでしょう。あの場面でイチロー選手に打順が回ってきてしまう。しかも、その「運」を確実に自分のモノにしてしまう。やっぱりすごいです。

我々凡人も、自分のおかれた地平の中で、同じように「自分を磨く努力」を怠らないようにしないと、そんなことを教えられたように思います。それと「純粋」に好きなことに打ち込むこと。私にとっては、「子供たちと学ぶことが好きだ」という原点をもう一度見つめ直す機会になりました。

みんな本当に野球が好きなんですね。きっと誰もが高校球児に戻ったつもりでJAPANのユニフォームでプレーをしていたのでしょう。