中3生の三者面談

今日の午前中は中3生の三者面談を組んでいる。miyajukuの中3生はみんなチャレンジャーなので、前期選抜には目もくれず、後期選抜に向かって頑張ってきた。一昨日、その後期選抜の志願倍率が発表された。この志願倍率を見て、志願変更をするかどうかの最終的な詰めを三者でおこなっていく。

自分の置かれた状況をどれだけ冷静に分析できるか。12月以来の10回分ほどの模擬テストの結果から自分が得点できる点数が予想できる。それに当日の集中力でプラスできるものを考え、最終的な志願校を決定していくこととなる。

とにかく「悔いのない選択」をしよう。すべてが君たち自身の「これから」のあらゆる選択の予行演習なのだ。ここでどういう選択を君がするのか。それは原初体験となって君自身の中に残っていく。

苦しい選択だ。でも、そのぎりぎりの選択の中でしか人は成長しない。そうした場面に出くわしたことを喜びとしよう。

頑張れ!