うれしいメール

3年前にmiyajukuを卒塾して大和高校に進学した○○君のお母さんからメールをいただきました。とくに問題はないでしょうから載せてしまいます。

ご無沙汰しております。

息子が中学生の時にお世話になっていました、○○の母です。
宮崎先生のブログは、息子が卒塾してからも時々拝見させていただいてます。
今回たまたま国立大学の事を取り上げていらしたので
どうしようか迷いもしましたが、メールいたしました。

実はこの春、電気通信大学に入学することが出来ました。
(中略)
第一希望の電通大に入れた事は
あの子にとって大きな自信になったと思います。
私立大学も早大は残念でしたが、法政・中央・明治・理科大合格と、ほぼ全勝でした。
理系希望なので、国立大学に入ってくれたことにより授業料が安く済み
親としても本当に助かっています。
これも中学時代に宮崎先生にご指導いただいた賜物です。
当時あの成績で大和高校への挑戦を促していただいたことは、
あの子の人生の転機であったと今でも思っています。

卒塾してから数年経ちますが、改めてお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

頑張ったんですねぇ。昨日の記事の「大和高校 電通大 1名」は彼だったんですね。おめでとうございますさくら 本当にエライさくら 理系の大学は大学院に行くのが前提ですから、6年間も授業料を払うことになります。国公立大と私大では年間で百数十万円は違うので6年では1千万近くの差になってきます。しかも、教育環境は圧倒的に国公立大の勝ちです。

実は、半年ほど前に彼とは駅の駐輪場で立ち話をしていました。「電通大を受ける」という話も聞いていたので気になってはいました。お母様にメールをいただいて本当に感謝です。

それと、父母会などでは今でもこの○○君の話をします。何しろ、内申は135点で90代の前半しかなかったんです。普通ならばこの成績で大和高校は受験しません。弱気な生徒は大和南でしょう。中学校の進路指導もそうなります。でも、実力は持っていました。一所懸命に取り組みました。そして見事に合格しました。その後、3年間を積み重ねてついに国立大ですよ。本当にエライ(^_^)v

私はお母さんが言うほどのことは何もしていませんが、高校受験が「人生の転機」になったことには違いないでしょう。挑戦すること。流れのままに選択をしないこと。そんなことを彼が教えてくれているはずです。miyajuku中学生のみんな、この○○君を目指しましょうちょき
大笑い