読み書きそろばん

lekuchan先生が「読み書きそろばん」という記事を書かれている。『小学生の基礎学力不足が顕著になっている。英語をやるよりも、国語や算数などの基本的学習能力に注力すべきではないか』といったようなご意見だが、私も全面的に賛成だ。

とにかく今の小学校の算数と国語の教科書の薄さにはびっくりさせられる。内容も「ゆとり教育」のかけ声のもとに削減され続けて惨憺たるものだが、量的なものもあれでは足りるはずがないだろう、といったものになりさがっている。演習量が確保されないから学習したことが定着しないし、学習のスピードも身につかない。

考える学習は大切だということはわかる。筋道立てて問題を解いていくチカラをつけることも、自ら問題を解決していくチカラも大切なことはわかる。「ゆとり教育」はそうしたチカラをつけるためにはじまった。だが、語彙力不足、計算力不足といった基礎学力なしに、それらのチカラを身につけることが可能であるはずはない。今、最も問題なのは、小中学生のこうした基本的学習能力不足という問題なのだ。

とにかくびっくりするほど計算のチカラはなくなっている。語彙のチカラも信じられないほどになくなってきた。あの教科書での学習ならばムリからぬことだ。前から言っていることだが、国語という教科をなくして日本語という教科を作るべき時にきているのだと思う。メルヘンチックな物語文ばかりの国語の教科書では日本語のチカラを磨くことは不可能だ。情緒を育成する、といった目的をはずし、日本語で読み書きする基礎学力を身につけさせる教科を創設する必要があるのではないだろうか。

社会がどんどんと高度になるにしたがい、ひとりひとりに求められる学力も高度になってきている。だが、それらの土台となるのは、「読み、書き、計算する」といった基礎的な学習能力だ。日本語をしっかりと理解できないモノに英語は理解できない。学習というのはシンプルで良いと思う。とくに小学生の学習は本当にシンプルで良いはずだ。論語の素読で国語力を磨け、または、算数をやめてそろばんにしろ、とは言わないが、それに近い方法で十分に日本語や計算のチカラをつけることは出来るはずだ。

小学生をお持ちのお母さん、お父さん。今の学校の学習では子供さんの基礎学力はたいへん「危ないモノ」になってしまいます。自己防衛として、基礎学力をつける手だてを是非とも講じてあげてください。