荷物がたくさん届く日

今日はとにかく荷物が届く日だ。コピー用紙、高校生のセンター模試、小6受験生の教材、中3生用の高校受験案内・・・ 次から次に宅配業者がやってくる。その荷物の片付けだけでほとんど半日が終わってしまった。

うーん泣き笑い

学習塾の仕事って紙との格闘みたいなところがあります。毎日のように紙と闘っています。

1学期のまとめてテストの小学生の理科と社会の成績があまりにひどかったので、何か対策を練らないと、と考えています。miyajukuでは、算数、国語、英語しか授業をおこなっていないのですが、学校での学習を相対的に評価する意味で、理科と社会の模擬試験も実施しています。その結果がひどい、ということは、学校での学習がしっかりと成果をあげていない、ということです。

中学に進学してから最も生徒が大変な思いをする教科は、数学や英語ではなく、社会や理科になります。とにかく覚えなければいけない量が多いからです。出来れば、小学生のうちから意識して覚えていけば、中学に進学してからが楽になります。少なくとも、都道府県名や県庁所在地、日本の通史としての時代区分などは頭に入れておきたいです。

どうするか、考えてみますひよこ