ちょっとした決意(^^)/

今の時代では『受験生』という言葉は死語になりつつある。わざわざのぞまないかぎり、『受験生』になることはないのです。

高校受験というが、3人に2人は高校受験を体験せずに高校生になっていく。つまり『受験生』にならないまま高校生になっていく。大学受験も同じこと。5人に3人は大学受験を体験せずに大学生になっていく。結局、『受験生』という体験をしないままに大学生になっていく生徒の方が多いのが現状だ。

ちょっとした面接だけで合格が決まってしまう。A4用紙1枚のレポート提出だけで合格が決まってしまう。学校成績だけで合格してしまう。そんなもの受験とはいいません。『受験生』にならなくったって良いでしょ。楽にいけるのならばそれにこしたことはない。そういった考えもあるでしょう。

でも、miyajukuの方針は、あくまでも『受験生』になってもらうことです。そこにはこだわります。どこまでもそれを追求していきます。『受験生』としての緊張感ある日々を過ごすことは、こどもたちにとって何よりの財産になると考えるからです。

秋の風が吹くようになって、そんなことを改めて意識しだしています。