前半講習最終日

前半講習最終日です。といっても、今日は補習と宿題の再提出者のチェックだけです。それでも私は、明日からの体験学習の準備、教室の片づけ、そうじ、まとめテストの採点と仕事は山積みです。

先週の東北、上越地方の大雨で、尾瀬もかなりの被害を受けたようです。道路も寸断されてしまったようですが、今はほとんど復旧しているとのこと。尾瀬ヶ原も何カ所か木道が流されたりして通行禁止の場所があるようですが、私たちが歩くのを予定していたルートは大丈夫なようです。

山の中にいくことが初めての生徒ばかりでしょう。電線がない、携帯の電波もない、それこそ道もないし、車もない。環境保全のため、石けんや歯磨き粉も使えない。トイレはバイオトイレで100円のチップ制。ヒトが自然に対してふだんはどれだけ負荷をかけているのか、それをわかってもらえるだけでも今回の体験学習は意味があります。

とにかく二十数名の生徒たちを歩かせなければなりません。30Kmは歩くことになるでしょう。誰も助けてくれません。自分のチカラで歩ききる以外に戻っては来られないのですから。きっと、歩き終わったときの達成感は気持ちいいものでしょう。天気が今ひとつなのが気になりますが・・・

頑張ってきますひよこ

講習最後のまとめてストの採点を今日中に終えなければなりません。小中学生60名分ほどの採点ですから大変です。でも、この作業は私自身でやる必要があります。模試の答案ほど生徒たちの学力を映しだしているものはないからです。何に躓いているのか、どこが問題点なのか、だけではなく、予想以上に出来ていたり、出来ていなかったり、様々なことを答案用紙は教えてくれます。

さて、採点業務に戻ります。