若い塾経営者たち

今日の午前中は秦野にあるGゼミナールさんにおじゃましてきました。

ここのブラック先生とは、ブログを通じて知り合いになり交流がありましたが、塾長のデン先生とは初対面でした。それ以外にも、小田原の慧真館の先生横浜の南アルプスの天然ガス先生もお見えになっていて、神奈川県の若手注目塾経営者集合スマイルという感じでした。

みなさん私の息子といっても良い年代の方々ですが、地域にしっかりと根をおろして塾の経営をされています。本当に子供たちが好きなんだなぁ、という方々です。それが塾の運営にしっかりと生かされているので信頼を得られているのでしょう。二十数年前の自分を思い出します。

学習塾というのはある意味ではない方がよい存在だと思っています。本来であれば、学校教育で完結しているべきことを補完しているわけです。世間のお父さん、お母さん方が、学校に期待することと、実際の学校の様子に乖離があるので、その部分を学習塾が埋めているわけです。その乖離が大きければ大きいほど、学習塾の需要が出てきてしまうわけです。

二十数年間も塾をやってきていますが、そうした乖離は小さくなるどころか、ますます大きくなっているのかもしれません。だから学習塾もなくならないのでしょう。

いずれにしても、本当にみんな「良い若者たち」です。人間的な魅力にもあふれている若者たちです。今後ともこうした若い塾経営者の方たちからもエネルギーを奪ってきたいですひよこ私のような“おじさん”を相手にしていただけたら、の話ですが・・・