理想は3年次にアップ

中3の面談が終わった。最も成績を上げた生徒は+6段階。5教科は20→24へとアップ。この生徒は小5からmiyajukuに通っている生徒です。私は、中3時にグンと成績を伸ばすことを理想としています。この生徒はまさしくmiyajukuの模範生です。本人もここにきてトップ校を目指していく気持ちを持ちはじめています。

中3でグンと成績を伸ばすと、モチベーションが違ってきます。また、学校の成績と本人の持っている実力に乖離がある現状の評定の付き方では、中1、中2の間は「しっかりとした地頭」をつくることを優先にした方が良いからです。

中1はそれほど成績の数字にこだわることはありません。数字よりも「しっかりとした学習姿勢」を身につけていくことが大切です。中2はそこそこ数字を意識していくことです。5教科はオール4で良いでしょう。今の中学校の成績は4と5の差は「丁寧さ」だけです。

中3になって数字をとることを意識すれば良いのです。数字をとる意識とは、今の成績の付き方では、提出物を丁寧に出すこと、授業態度を丁寧にすること、定期試験でミスをしない丁寧な解き方をすることです。ある意味ではすべて「意識の差」です。実際の学力ではありません。

絶対評価とはある意味ではそうしたものです。