漢字検定と国語力検定

GE DIGITAL CAMERA
先ほどから雨が降り始めました。ちょっと肌寒い日曜日です。

今日は「漢字能力検定」と「国語力検定」を実施します。漢字検定は小4から中3までの全員。国語検定は小5から高2までの全員が受検します。

漢字検定

まずは小学生が挑戦中。

miyajukuでは、漢字検定は毎年この時期におこなっています。夏休み前から少しずつ勉強をして秋に挑戦させています。漢字検定の問題は、漢字についてあらゆる方向からの出題がされます。単純な書き取りや読み取りは200点満点の70点分です。その他は「熟語の構成」「部首」「同音異義語」「対義語と類義語」「送り仮名」「四字熟語」などと多岐にわたります。

漢字が出来る子は他の教科も出来るスマイル

国語検定は初めての取り組みです。「知識編」と「読解編」に分かれています。小学生は「国語力基礎検定」で、中学生以上社会人までが「国語力検定」と同一問題になります。級別ではなくスコア制です。「読む力」「書く力」「聞く力」「話す力」「総合的国語力(=違う地域・違う時代の言葉の理解や一般的教養も含めた国語の力)」の5つの能力がグラフ化されます。

この「国語力検定」を定期的にうけていけば、自分の「国語力」を客観的に把握できるはずです。また、お父さん、お母さんも子供さんの「国語力」の推移をデータとして理解できます。兄弟、姉妹の比較も出来ます。とにかくひじょうに細かな成績表が届きます。いろんな意味で「子供の学力向上」に役立てられるはずです。

国語力のある子は自己肯定感も高いスマイル