笑顔でいよう

今日は多くの小学校、中学校、高等学校で入学式がおこなわれているはず。新入生でない生徒たちも新学期の始業式にのぞんでいるはずだ。そんな一年のはじまりにあたり、みんなにつぎのような言葉を伝えておきたい。

笑顔でいよう。

君たちの笑顔は、お父さん、お母さんの宝物。
そして、君たちの親しい友達の宝物だ。
君たちのカナシイ顔は、周りのみんなもかなしくさせる。

だから笑顔でいよう。
そして、自分が笑顔でいられるように毎日をしっかりと生きていこう。
何となく過ごす時間はもったいない。
まわりのみんなを幸せに出来るように前を向いて毎日を過ごそう。
笑顔でいれば君たち自身にも幸せが舞い降りてくる。

笑顔でいられないときもあるはずだ。
でも、そんなハードルを乗り越えた先にこそ本当の笑顔が待っている。
チャレンジしよう。まわりにはたらきかけよう。いろんなことにぶつかっていこう。
じっとしているモノには笑顔はやってこない。

さぁ、一年のはじまりだ。

一年後の「サイコーの笑顔」を想像してやっていこう。