スーパー学習メビウス

中学生は春講習中に学習したことの確認テストをおこなっている。miyajukuでは「Super学習メビウス」というシステムを利用して確認テストをおこなっている。下は土曜日に実施した中3生の「式の展開」の確認テストの解答用紙。問題は、パソコン上で単元ごとにわたしが選んで作る。たくさんのデータベースの中から選ぶので難易度も自由に設定できる。今回は公式がしっかりと理解できているか、置き換えて展開が出来るようになっているか、のふたつを確かめるために問題を作成した。

メビウス

最大の特徴はこの解答用紙の右側のバーコード。これをバーコードリーダーで読み取っていくと、即座に各自の「弱点対策テスト」がプリントアウトされてくる。1回目のテスト問題は全員同じものなのだが、2回目以降は問題内容も問題数も全く違うものになっていく。まさに「出来なかったパターンだけのテスト」ということになる。これを2回は繰り返すようにしている。

このシステム、もう二十年も前からつかっている。はじめはフロッピーディスクに問題がはいっていて、今みたいにデータ数も少なかったし、スピーディーではなかった。それがMOディスクに変わり、ハードディスクに変わった。使い勝手も抜群に良くなっている。

miyajukuはわたし一人で教務をやっているので、こうした機械を使うことで時間を短縮して効率的にテストを出来るようにしている。「Super学習メビウス」はたよりになる「相棒」ですスマイル