そろばん塾 ピコ

3月19日の週より「そろばん塾 ピコ」をmiyajuku内に開設します。

以前より、入塾してくる小中学生の計算力が厳しいことには気づいていました。原因は学校でのドリル演習不足です。圧倒的に「計算をする学習時間」が少ないのです。25×4が100にならない中学生などふつうに見かけるのが現状です。しかも、計算力というのは、言葉のチカラと同じで、すべての学力の基礎を形成しているものです。この土台がぐらぐらしていると、その上に何を作り上げてもすぐに倒れてしまいます。

どうすればいいだろうか、といった問いかけの末に気づいたのが、「読み、書き、そろばん」と昔から言われている当たり前の学習です。そろばん、というのは古くさいもののように思われがちですが、実は「そろばん」という学習法は最近では見直されているお稽古事なのです。

かなり前から「そろばん塾」の開設は考えていました。今回、「京大個別会」さんのご協力で「そろばん塾 ピコ」をはじめられることとなりました。ただいま、講師の研修、教材の準備等々の真っ最中です。

そろばんメイン

体験授業の開始  3月19日の週から
開設曜日  月曜日と木曜日
時間  15時30分~ 16時30分~  17時30分~
月謝  週2回で 4,500円(税込み4,830円)
対象  年長さんから小学6年生まで(中学生はお問い合わせください)

そろばん塾ピコについて

計算は、通常【左脳】を使います。 論理的に分析する、計算する…これは全て左脳の仕事です。九九も、インド式計算も、この左脳を鍛える訓練に過ぎません。でも、SOROBAN(ソロバン)は違います。右脳に働きかけて、計算を映像としてとらえていくのです。だから瞬時に計算ができるのです。ほら、皆さんも見たことがあるでしょう。驚異の暗算が出来る子供たち…。彼らは左脳を使っていません。右脳の中に映像イメージをつくりだしているのです。
SOROBAN(そろばん)は、日本が世界に誇れる究極の右脳教育法なのです。