4人の大学受験生

今年の高3受験生は4人。所属高校は、希望ヶ丘、大和、桜美林、日大。みんな小学生or中学生からずっとmiyajuku生だ。ある意味ではこの大学入試がmiyajukuでの学習の総決算になる。ここまで信頼してお預けいただき、長い間にわたって授業料をお納めいただいた御父母の方のためにも「納得のいく結果」を出してあげなければいけない。

といっても、大学入試は「自分で勉強するチカラ」が試されるもの。私の役割は「補助者」でしかない。彼ら、彼女らが「ひとりで学習する能力」をどれだけ積み上げてこられたか、が大学入試では露わになっていく。そういった意味でも、このmiyajukuが、彼ら、彼女らをどこまで育てられたかが問われてくる。

こう書いてくると私が不安をかかえているように受け取られるかもしれないが、そんなことは全くない。4人ともとてもしっかりと勉強をしている。まずはセンター試験でトータル75%以上の成績を出すことだ。当面の目標はそこになる。センター利用でとりあえずは私大を1校押さえておいて、2月1日以降の私大の一般試験、2月末の国公立の二次試験に向かっていく。

確かに4人とも手応えを感じはじめている。センター演習でも8割以上の得点をだしてもいる。それでも、本番で75%越えの成績をしっかり修めるのは難しいことを私は過去の受験生から知っている。当日に自分の最高得点をだすのは簡単なことではない。手綱を引き締め、もう一度足もとを固めて冬の学習を進めさせたい。

あと36日だ。今日も、彼ら、彼女らの受験する大学の過去問をプリントする作業が続く。この冬休みは、ひたすらにセンターの演習と私大の過去問演習になる。とにかくやれるかぎりのことをやってあげたい。

We shall overcome!