ちょっとうれしい(^^)

後期の中間試験の結果がぼちぼちとでてきた。昨日は中2生の結果が判明した。さすがに中2になると100点満点をとるのは難しい。そんな中、○○ちゃんが100点をとってくれた。○○ちゃんは数学が得意だ。でも、とにかくどんどん前に進んでいく解き方をするのでもったいないミスが多かった。「定期試験の時は違った解き方をしようよ」とずっと言い続けていた。そんな○○ちゃんが100点をとれた。素直にうれしい大笑い

中2生の数学の得点をランダムに書き出すと、83,98,71,100,53,90,92,79,90,94,87,80,74,78といったところ。平均は83.5点。miyajukuの生徒たちのチカラはだいたいこんなところだ。今回は一次関数が中心の範囲だった。塾では7月から取り組み続けている単元なので、このぐらいの結果が出てあたりまえだと思っている。正直、もう少しいけても良いはずだ。

次回は図形の証明が中心となる。こちらも夏休みの講習からずっと取り組み続けている。高校入試で完全証明が出題されるようになっているので、徹底的に「書けるようにする」ことを目標にたくさんの問題をこなしている。冬休み前にはほぼ大丈夫、というところまでもっていきたい。そうしておけば、理科や社会などにチカラを振り向けることができる。

中2生はすでに定員になっていて、このあと中学卒業まで新たに募集はしない。もちろん冬期講習生という募集もない。ということは、新規の入塾生などを気にせずに学習進度を組み立てていくことが出来る。新しい生徒のことを考えて単元を前に進めることを躊躇しなくて良い。目の前にいる生徒たちのことだけを考えていく。