NHKの朝ドラ「あまちゃん」

NHKの朝ドラ「あまちゃん」を初回から欠かさず見ています。今週はいよいよ3.11の場面です。今朝の15分はいつもと違って緊張したものになっていました。ドラマの中で大吉さんが運転する北三陸鉄道がトンネルの中で地震にあいます。この話は この本 に書かれていたものと同じでした。

さんてつ
さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)
吉本 浩二 (著)

ドラマの中の「北三陸鉄道」は実際の「三陸鉄道」をモデルにしています。夏の旅行でその三陸鉄道に乗った際、久慈駅で妻がみつけた本でした。アマゾンでもあつかっているようです。あの3.11を「三陸鉄道」という視点からみることができます。お薦めです。

今朝の15分を被災地の方たちはどのように見たのでしょうか。ドラマとして3.11を正面からあつかったのは「あまちゃん」が初めてかもしれません。宮藤官九郎さんの脚本がどうやって3.11を昇華させ、前を向かせてくれるのか注目しています。もちろんクドカン流の「笑い」の中での展開なのでしょうが。

昨日は防災の日でもありました。関東大震災から90年とのこと。防災についての意識を高めるきっかけにしたいですね。各小中学校でも防災についての訓練がいろいろとおこなわれているようです。家庭でも、いざというときの話は共通理解としておくべきでしょう。