MSTでの授業作成

今日は早くに起きて県西地区の知り合いの先生の塾まで出かけてきました。

潮塾

MSTというアプリケーションがあります。潮塾のホームページにいっていただくと、そのMSTで作った授業の体験が出来ます。潮塾のホームページ → http://www.ushiojuku.com/2012/msttop.html

私もかなり以前からこのMSTを使って授業をつくり、演習形式の個別授業の中でつかってきました。ただ、なかなかそうした工夫をした授業をやられている塾の先生はいらっしゃらなくて仲間を作ることも出来ずにいました。

潮塾の先生とは最近出会ったのですが、見事なほどにMSTを使いこなした授業を作られています。そんな先生のMSTでの英語の授業の作り方を教えていただきに今日はうかがってきました。職人的な作り込みをされていて、いろいろと収穫も多かったです。

とりあえず、英語の授業と国語の授業を新学期に向けてつくっていく予定です。とくに国語の授業については、学校ごと、担当の先生ごとに進度も進む単元も違ってきてしまいがちです。そんな個別の要求にあわせて授業が出来るように、MSTで国語を授業化しようと考えています。

大変ですが、こうしたことが「おっきな塾」との差別化になると考えていますし、それこそがmiyajukuの「ひとりひとりへの細かな対応」の具体化だと思っています。いずれにしても、潮塾の先生とはMSTを通じてそれぞれの塾のためになる教材づくりを共用できそうです。うれしい出会いです。