神奈川・東京私立中・高進学相談会

ipp
昨日は「神奈川・東京私立中・高進学相談会」でした。私が何年も前から実行委員長としてたずさわっている相談会です。東京・神奈川の76校の私立学校が参加し、入場者数も二千人をこえる大きなイベントです。台風の接近が心配されましたが、閉会時間を多少繰り上げる程度ですみました。

進学相談会01

進学相談会02

miyajukuの中3生は全員が参加しました。それぞれに前もって相談に行く私立学校を5校程度決めておき、そのブースをたずねていきます。ブースではその私立学校の先生方が、自校の特長や入試の制度、具体的な入試基準などについて個別に話していただけます。

進学相談会04

進学相談会03

みんな良い刺激になったのではないでしょうか。ほとんどの生徒が県立高校第一志望なので私立校は併願としての受験です。それでも、どの私立高校を併願できるかで県立校の最終的な受験校がかわってきます。私立の△△校に行けるのであれば、県立高校は挑戦していける、といった具合です。いずれにしても、今回の相談をふまえて家族でよく話しあい、2〜3校程度にしぼったら今度はその学校の説明会に足を運びましょう。11月の末には併願校は決定しなければなりません。

昨日は私立中受験の生徒たちもお母さんといっしょに足を運んでくれました。こちらも良い刺激を受けたのではないでしょうか。やるのは自分です。つらいこともあります。それを乗り越えるには、しっかりとしたモチベーションが必要です。行きたい学校をきちんと自分の中に持つこと。それが原動力になります。